白髪染め ヘナ

MENU

白髪染め ヘナ

へナは、インドやネパールなどで広く自生している植物です。
このヘナの木の緑色の葉を粉末にしたものが、染料として使われているのですが、白髪染めにおいても身体に優しい染毛料として根強い人気を誇っています。

 

では、そのヘナの葉を粉末にした染料にはどのような特徴があるのか、詳しく見てみましょう。

 

ヘナ染めのメリット

○髪に優しくダメージを与えない
○長時間かけて染めるためもあり、きちんと染まる
○一度染まったら色が抜けない
○安く髪が染められる

 

ヘナ染めのデメリット

●染剤の準備と染め時間が長くかかる
●ヘナ使用後の髪は明るくできない
●白髪はヘナで染めると、オレンジ色や赤色になる
●ヘナ独特の強いにおいが数日続く

 

 

このように、ヘナは非常に特徴のある染剤で、人によって向き不向きがはっきり分かれます
例えば、私はまずにおいに抵抗があるので、ヘナは使用しませんが、お隣の主婦の方は大のヘナファンで、ヘナ以外では絶対に染めたりしません。

 

ただ、デメリットのところにもあるように、白髪を100%ヘナで染めると、ブラウンやブラックにはならず、オレンジになってしまうという決定的は弱点があります。
髪が鮮やかなオレンジ色になることをよしとする人もあまりいないので、白髪染めとしては不向きといわざるを得ないですね。

 

通常のヘアカラーとして用いるにしても、2時間程度の染時間が必要なので、天然染料に強いこだわりがあり、時間の自由がきく人しか使えないようです。

 

 

しかし、ヘナ100%ではなくなりますが、ヘナを原料にしたもっと使いやすい染剤があります。
それは、白髪染めシャンプー「螺髪」です。

 

「螺髪」は、ヘナとヘマティンという2つの天然植物色素で白髪を染めます。
それも、ブラックかブラウンに染めることが可能。
オレンジでないその理由は、ヘマティンというもう一つの色素のおかげですね。
ヘマテインはインドのマメ科の植物色素で、 毛髪に含まれる微量の鉄分と結合して、水に溶けない黒い色素をつくり出します。

 

染め時間も10〜20分でOK。
白髪染めシャンプーなので、毎日の入浴時に「螺髪」のシャンプーとヘアパックを使います。
(シャンプーは普通に洗って流し、ヘアパックはぬったらキャップをして10〜20分程度時間を置き、洗い流します。)

 

色は入りにくく、白髪染めの効果が表れるまで約2週間から1カ月かかるようですね。
(染まりにくい人だと2か月〜3か月かかるそうです。)
同じ白髪染めシャンプーの利尻ヘアカラーシャンプーが1週間でキレイに染まることを考えれば、ヘナはやはり染まるのに時間がかかるということですね。

 

それでもOK!ヘナで染めたい!という方は、「螺髪」をどうぞ。 → 毎日のシャンプーだけで白髪を染める天然植物成分配合の「螺髪EX」

 

 

 

トップぺージへ戻る