白髪染め 明るく

MENU

白髪染め 明るく

美容院で白髪染めをお願いしたら、ほとんどの場合、「白髪染めは暗めの色が当たり前」・・・といわれますよね。
でも、元々ヘアカラーで黒髪を明るめの茶色に染めている場合、白髪が目立ってきたからといって急に暗い髪の色にするのは抵抗がありませんか?

白髪染め 明るく

 

私は「そろそろ白髪も多くなってきたから」ということで、ヘアカラー(いわゆる”おしゃれ染め”)から白髪染めに切り替えようと思った時、美容院で「白髪染めにすると暗めの色になりますよ」といわれました。

 

他にも「明るい色にすると白髪が染まらないよ」といわれましたし、「髪を傷めることになるから明るい色にはできない」とも言われました。
きっと同様の経験をした方も多いのではないかと思いますが、これらは本当なのでしょうか?

 

 

白髪の少ない髪を白髪染めで明るく染めるのは難しい

自分が白髪染めを利用するようになってから、いろいろなものを調べましたが、美容院で言われたことは強ちウソではないようです。

 

確かに、白髪の割合の多い髪(白髪が多ければ多いほど)ならば、白髪に入れる色をコントロールすればいいだけなので、明るく染めることは簡単。けれど、逆に白髪の少ない髪(ほとんどが黒髪で白髪が混じっている程度の髪)は、白髪を染めるためにしっかり色を入れると、必然的に黒髪が暗い色に染まってしまうため、明るい色に染めるのは難しいのだそうです。

 

だから「白髪染めは暗めの色が当たり前」といわれるんですね。

 

それが嫌ならば、黒髪を明るめの色で染めるための染料を使って、色が入らない白髪をそのままの状態で我慢するか・・・

 

 

厄介なことですね・・・((+_+))

 

いっそ全部が白髪だったら、思い通りの色に染められるのに、なまじ黒髪が多いばかりに難しい、という感じです。

 

 

その選択肢を迫られたとき、私は「とにかく白いものをなくしたい」と思いました( `ー´)ノ
そして自分で染めるための白髪染めを調べたのですが・・・

 

明るめの色に染まる白髪染めがありました!

 

 

ドラッグストアで売られているホーユー・ビゲンやウェラ等、また通販で販売されている白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメント。

 

あとはその市販品の中から髪をなるべく傷めないもの、コストパフォーマンスの高いもの、使い勝手の良いものを選べばOKです!

 

 

自分で染めるという手間さえ覚悟すれば選択肢は広がります。
コストもかなり抑えられるので、負担が軽くて済みますね。
また、製品を選べば、何より髪と頭皮をいたわることができます。

 

 

詳しくはこちらをご参照の上、ご自身に合った染剤を選択してくださいね。